2009年03月25日

曙町のアパート



立川で、イエスとブッダが繰り広げる不思議な世界を描いた『聖☆おにいさん』の3巻が出た。
天界からバカンスの為、なぜか日本の東京の立川にやってきたイエスとブッダのボロアパート生活を描いているのだが・・・。

イエスやブッダといえば、日本人には「宗教の開祖」的なイメージがあるのだろうが、現代人が考える宗教のイメージは、やはり豪奢な建物で儀礼を執り行う、というのがあるのではないか。
海外のニュースを見ると、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂とか、メッカのカーバ神殿とか、日本でも東大寺や日光の東照宮のような「すごい建物」が宗教の場所として取り上げられているし、日本の新興宗教も、かなりすごい建物を所有している。ワタシの住む立川にも「真如苑」という仏教系の団体が「応現院」というものすごい建物を建てている。
しかし、『聖☆おにいさん』に登場するブッダやイエスは、応現院やカトリック立川教会のような建物には住んではいない。ましてやワタシの所属する教会でもない。

「松田ハイツ」である。アパートなのである。

ワタシはこの設定に感激した。
「WWJD」という略語がアメリカで流行したことがある。
「What Would Jesus Do?(イエスならどうしただろう)」という思いを常に抱いて行動せよ、ということだ。
もちろん、これのブッダ版もあり、「What Would Buddha Do?=WWBD」になる。
もし、現代の日本で、彼らが住むのだとしたら、ブッダやイエスなら豪奢な建物ではなくボロアパートに住むんじゃないかと思う。

第3巻で、彼らのアパートがある場所が「曙町」だということが判明したけど、この曙町、ほかでも無い「(旧)立川観音福音センター」のある町でもある・・・。
posted by とてくのん at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27881134

この記事へのトラックバック