2009年07月15日

もう、こうなったらエコポイントでお得な旅を

エコポイントのやっつけ仕事振りに辟易したワタシですが、
意外と使えそうな技があまり伝授されていないので・・・。
まずは、一応エコポイント事務局のHPを。
・グリーン家電普及促進事業 エコポイント
で、どのような商品と交換できるかは、
・エコポイント交換商品情報
に全リストが掲載されています。
で、エコポイントをどう使うか、にはコツが必要です。
1点1円相当ということですが、交換の際に手数料や送料を取るものが結構ある、ということに注意です。手数料の類は商品によってまちまちで、中には手数料が額面と同額というひどいものまであります。
もちろん、手数料がかからないものや、『ベスト電器の商品券』のような額面以上のプレミアムがつくものもありますが、できれば手数料がかからないものを選んだほうが良いです。

今回は、旅行に使うという用途に絞ってみます。
旅行に使う場合、
・公共交通機関の乗車券
・旅行券
に分かれるかと思います。

しかし、ここで注意しなければならないのは、「公共交通機関の乗車券」カテゴリーのものは手数料が高い場合が多い、ということです。
JR東日本の「Suica」などの鉄道ICカードや、JRグループの「オレンジカード」はかなり手数料がかかるのでよほどでない限り避けたほうが良いと思います。

最近、こういう記事を見つけました。
高速道路1000円に対抗した鉄道割引きっぷのお得度は!?(日経トレンディネット)
最近は、JRをはじめとして、各鉄道会社は高速道路対抗策としていろんなフリー切符を売り出しています。
こういうお得な切符に換えるのが旅行で一番得な使い方です。
例を挙げてみましょう。
JR四国エコポイント交換パス
JR四国の全線、特急の自由席も含めて3日間乗り放題でエコポイント8,500点(こども4500点)。
ほぼ同条件の「四国フリーきっぷ」は大人15,700円なので、ほぼ半額です(エコポイント交換パスはJRバスや土佐くろしお鉄道線には乗れませんが)。

あと、関西方面なら
阪急阪神1Dayパス
5枚セットだと手数料がかからないので、グループにお勧め。
近鉄週末フリーパス
手数料はかかるが、広い近鉄内乗り放題は魅力。ただし特急を使うなら特急券が必要。

直接フリー切符と交換する方法のほかに、お得な方法がもうひとつあります。

旅行券に交換して、大手旅行会社で切符を買う方法です。
JTBの旅行券は手数料がかかりますが、近畿日本ツーリストと日本旅行、トップツアーの旅行券は等価交換となっています。
旅行会社の旅行券は、回数券以外の乗車券・特急券・フリー切符等の企画券が購入できますし、パッケージツアーや宿泊にも使えます。
なお、駅でしか買えない企画券もあります。

空の旅の場合は、手数料のかかるJAL旅行券より、手数料のかからないANA旅行券のほうがお得です。どちらも株主優待券と組み合わせて使うことが可能だと思いますが・・・






posted by とてくのん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30568484

この記事へのトラックバック