2009年06月29日

キリスト教から「ファッション性」を取り除こう

最近、新興宗教の動向なんかをヲチしていたりするのだけど、
なんか、キリスト教から教義やら表現やらを借りてきて自分たちを定義するのに使っているのが目立つ。

かつてのオウム真理教の教祖も自分をキリストになぞらえていたが、仏教やヒンドゥー教を借用した教義であったため、あまりキリスト教サイドからは危険視されなかったが、ロシアから流していたオウムの放送局の名前は「エウアンゲリオン・テス・バシレイアス」であった。これは新約聖書が書かれた言語であるギリシア語で、「御国(みくに)の福音」という意味であり、新約聖書でも使われている表現である。そして、あの事件が起こってしまった。
あの事件後、オウムを継承する団体名は「アーレフ」となってしまった。
「アーレフ」とは旧約聖書が書かれた言語であるヘブライ語の最初の文字のことである。
・・・どうもオウムはキリスト教やユダヤ教から「何か」を借用したかったに違いない。

その「何か」とはなにか。

ワタシはキリスト教が世界で一番信徒数が多い宗教であることと、日本人がキリスト教に抱く「ファッション性」みたいなものがそうなのではないか、と思う。

その元凶はやっぱり「ミッションスクール」なのではないかと思う。今年は一応日本プロテスタント宣教150周年なわけなんだが、どうもプロテスタント宣教の歴史をみると、ミッションスクールの創立史みたいなのばかり出てきて、肝心のキリスト教はどうなっちゃったの、と思ってしまう。

そういうミッションスクール(カトリック学校も含め)は、今では偏差値が高く授業料も高い学校であり、(女子学校なら)お嬢様学校の代名詞になってしまっている。つまり、ミッションスクールは「キリスト者」を生み育てる場ではなく、「おしゃれなライフスタイルを身に着けたインテリ」を作り出す場となってしまったのではないか。

あと、戦後、GHQの宣教師送り込み政策でたくさんの福音派の教会ができることとなったが、そういう教会も「キリスト者」ではなく「アメリカナイズされた宣教師の生活に憧れる日本人」を作り出してしまったのではないだろうか。

そうなると、キリスト教が人生について真剣に考える宗教ではなく、ファッションと化してしまい、そういったファッションでしかないキリスト教を、新興宗教を興す人たちが飛びついてしまったのではないか、と思われる。

もう、われわれキリスト者は、キリスト教から「ファッション」を捨て去るべきなのかもしれない。外見を繕うのではなく、内面に向かっていくべきだと思う。
posted by とてくのん at 20:53| Comment(1) | TrackBack(0) | キリスト教

2009年06月28日

バアルとアシュトレト(もしくはエルとアシェラ)

聖書の預言者たちを悩ませた土着の宗教に、「バアルとアシュトレト(アシュタロテ)」崇拝というものがある。
なにせ、「バアル」というのは「主」「主人」「所有者」というような意味があり、アシュトレトはバアルの妻であり、どちらも土地や収穫にかかわる信仰である。
アシュトレトは太古の大地母神崇拝からつながっているとも言われているし、新共同訳聖書の後ろにある解説文をみると、ヴィーナスにもつながるようだ。ローマのヴィーナスはギリシアのアフロディテとほとんど同じようなものであるから、おのずとアフロディテにもかかわってくるのだろう。
また、同じような女神に「アシェラ」というのもあり、列王記で預言者エリヤがものすごい対決をしたのがバアルとアシェラ崇拝であった。アシェラも新共同訳の解説文によると「エル」という神の配偶神ではないか、という説があるそうだ。

最近、ある宗教団体が政党を建て、今度の総選挙で全選挙区に候補を立てるといっているが、そこの教祖は仏陀であると同時に「神」であると自称しているらしい。その教団の神とは教祖に向かって「主」と呼んでいるようだ。
また、教祖には妻がおり、現在政党の党首を務めている。

ワタシは、「バアルとアシュトレト」とか「エルとアシェラ」のようなカナン地方の夫妻神崇拝がこの日本で繰り返されているのではないか、と思った。それも「個人崇拝・特定の人間を崇拝」という個々の人間の尊厳を貶める方法によって。
posted by とてくのん at 13:01| Comment(1) | TrackBack(0) | キリスト教

2009年05月21日

エコポイントはやっぱりエコじゃない?

前に「家電を買うなら「エコ・アクション・ポイント」の還元を待たないほうが良い」という記事を書きましたが、
今回の政府の「エコポイント」は、「エコ・アクション・ポイント(以下、EAPとする)」とは別物になるという。

EAPの最低交換条件が1000ポイントなので、高額ポイントをいただける機会なのだから、統一したほうがいいのじゃないかとは思うのだけど・・・。せめて、「エコポイントとEAPのポイント交換」も選択肢に入れるべきだとは思う。

で。エコポイントのほうなのだが、やはり現金や店のポイントではなく、あくまでも商品やサービスとの交換になるらしい。つまり、クレジットカードのポイントシステムのようなものである。

交換できる商品がまったく決まっていないのに、はじめてしまったのもアレなのだが、交換商品の基準としては

[1]省エネ・環境配慮に優れた商品、
[2]全国で使える商品券・プリペイドカード(環境配慮型のもの)
[3]地域振興に資するもの

で検討中なんだそうだ。
[1]は予想では、EAPのカタログに出てくるような商品、たとえばガラスの食器だとか携帯用魔法瓶のようなものだろう。
[3]も地域限定商品券とか「ふるさと小包」のようなものになるのだろう。

問題は、[2]である。
候補として(ワタシが勝手に)あげられるのが、「GREENSHOES CARD」という名前のカーボンオフセット付きQUOカードである。
http://www.quocard.com/special/greenshoes/
これは、コンビニ等で使える「QUOカード」に50円上乗せされた分がカーボンオフセットとして温室効果ガスの排出分を帳消しにするというもの。環境配慮タイプの商品券やプリペイドカードはいまのところこれしか見あたらない。

しかし。
QUOカードが使用できる店にはガソリンスタンドもある。
もしこのQUOカードが大量に交換され、ガソリン代の足しになったとしたら、それはまったくエコでなくなってしまう。

そんなのなら、「エコポイント」なんかやめて、「エコ家電政府補助金制度」みたいなほうがよっぽど経済的にもよいと思うし、今回高額のポイントがつくという液晶テレビにしても、「地上派デジタル化に伴う政府支援」という名目で、テレビ購入の補助ではなく、アンテナの取替えの補助や、低所得世帯向けにデジタルチューナー購入のための補助金にしたほうがよい。意外と東京では、VHFアンテナのみの一軒家が多いのだから。

まぁ、これでエコポイントつきません、ということになったら取り付け騒ぎが起こる可能性もあるから、なんとかやってください。
エコポイントっていったって、家電メーカーや電気屋には政府から一銭も入りませんから。おそらくクレジットカード会社とか広告代理店とかにお金が入るんでしょうね。

posted by とてくのん at 18:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2009年05月07日

マタイ受難曲

5月5日のこどもの日、東京国際フォーラムで開催された
「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン <熱狂の日>音楽祭」
の大トリ、
ミシェル・コルボ指揮、ローザンヌ声楽・器楽アンサンブルの
「マタイ受難曲」に行ってきました。
ゴールデンウイーク中は暇だったのですが、LFJではバッハ・コレギウム・ジャパンの「ヨハネ」もあったものの、BCJは聴きに行っているのと、コルボの「マタイ」を生で聞いたことがなかったため、チケットを購入してしまいました。

当日は、1階席、満席でした。

で、左右のスクリーンには協賛企業であるブルボンのお菓子の写真が(爆)。ホワイエにも「ルマンド」やら「ホワイトロリータ」などの現物が展示してあったし(って何が?)。

で、歌詞対訳が300円で売られている。公演プログラムは紙一枚なので、買って損は無いのかもしれないが、会場では大きなスクリーンがあるものの、対訳は出てこなかったので、売るのならそのことをはっきり言って欲しかったですね。ましてや初心者OKの音楽祭ならなおさらです。

他の人のブログを見ると、「磯山訳」とのことでした。
「磯山訳」ならこの本を持っているから、ワタシはかまわないのですが・・・。
マタイ受難曲
マタイ受難曲
posted with amazlet at 09.05.07
礒山 雅
東京書籍(株)
売り上げランキング: 12998

あと、確認しなかったのがいけなかったのですが、当日、磯山先生の「マタイ」に関するレクチャーがあったそうです。

本当はスコアでも持っていこうかと思いましたが、ダンナ同伴なため、↓の本を持参。
宗教音楽対訳集成
宗教音楽対訳集成
posted with amazlet at 09.05.07

国書刊行会
売り上げランキング: 27324

(この本、本当にお買い得です。ミサ曲・レクイエムから「メサイア」「マタイ」「ヨハネ」「ドイツ・レクイエム」をカバーしますので。)

さて、コルボの「マタイ」ですが、ぎょっとさせられたことが2つ。

その1:インターミッションに入る際の切り方。
通常は、楽譜どおり「第一部」と「第二部」の間にインターミッションを入れたりしますが、第一部が終わって拍手があっても、すぐ次の曲に入るので「あれ??」と思いました。
ペトロの否認の場面の40番のコラール(旧バッハで48番)でインターミッションが入りました。
物語上はこの次で夜が明けるのでおかしくはありませんが、慣れていないのでびっくりしました。

その2:リュート。オケに見慣れない楽器がありました。おそらく「リュート」だと思われます。ポータブルオルガンはありましたがチェンバロはなかったと思いますので、通奏低音をリュートで演奏したのだと思います。
しかし。
57番(66番)、「来たれ、甘き十字架よ」でリュートの伴奏がついたのです。
通常は「ヴィオラ・ダ・ガンバ」かコントラバスの伴奏で十字架を背負わされるキレネ人シモンの重た〜い雰囲気が表されるのですが、リュートでこれをやると、なんか「まったり」した雰囲気になってしまいました。
なかなかこれも味がありますが、慣れていないとやっぱりびっくりです。
posted by とてくのん at 18:21| Comment(1) | TrackBack(1) | 音楽

2009年04月14日

家電を買うなら「エコ・アクション・ポイント」の還元を待たないほうが良い

ワタシ、仕事は家電関係です。
あまりこのブログでは自分の仕事のことは書きませんが、今回はちょっと気になったので。
省エネ家電普及を先取り コジマ、ケーズHD、ヤマダ電機 (フジサンケイビジネスアイ)
政府の、追加対策で盛り込まれた省エネ家電へのポイント付与。
つまり、省エネ家電買ったら「エコ・アクション・ポイント」というのをお国がつけてくれますよ♪というもの。

そんなわけで、このポイントが付くのを待ってから買おうじゃないか、という人たちが買い控えをしているわけなんだけど・・・。

で、この「エコ・アクション・ポイント」、みんなヤマダ電機とかビックカメラとかのポイント制度と誤解しているみたいで(上記のフジサンケイビジネスアイの記事もそんな風に書かれていた)、なんか違うんだけど・・・と言いたくなった。

JCBのエコ・アクション・ポイントのページを見ると分かるんだけど、この「エコ・アクション・ポイント」というのは、電気屋のポイントとはぜんぜん違う。
クレジットカードを使うと付いてくるポイントみたいなものと考えると分かりやすい。
つまり、ポイントをある点数分集めると、素敵な商品がもらえますよ、というもので、次回のお買い物に充填して使えるものでは無い。

しかし、このポイントで交換できる商品がダメすぎる。
商品一覧を見てもらうと分かるように、
京都のお店での通販ぐらいしか値引きの様なものがなく、電子マネーの交換もPiTaPaのみ。関東の人間にはまったくメリットが無い。

いちばん割の良い商品は、びっくりドンキーのお食事券。1000ポイントで2000円分。だけど有効期限が3ヶ月しかない。
家電製品を買って1万ポイントもらって、2万円分のお食事券もらっても、びっくりドンキーってそんなにお金は掛からないので、
大量に金券ショップに流出しそうな予感が・・・。

あとは、たとえば1200ポイントでこんなものとか。

945円で売っているんですが・・・。

あと、1500ポイントでは、こんなものも・・・。

1050円ですが・・・。

2600ポイントでは、こんなものが・・・。

1780円ですけど・・・。

分かりやすいのは、3500ポイントで「ザ・プレミアム・モルツ」が12缶です。
ビールなら価格が安定しているかと思いきや、希望小売価格がもう無いので、2700円台〜3500円台でばらばらです。

こうなると、ポイントとしての価値があまりありません。

あと、電気屋のポイントなら、インターネットやケータイの環境はあまり必要とされませんが、このエコ・アクション・ポイントに関しては交換するときにネットにつながっていないといけません。インターネットの知識が無いような人にはこのポイントはまったくもってムダになってしまいます。

そう考えますと、もし今家電が必要ならば、「エコ・アクション・ポイント」は期待しないほうが良いと思われます。店独自のポイント上乗せや、値引きをしてもらったほうが良いと思います。
posted by とてくのん at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2009年04月09日

GWはバッハ祭りだ!「熱狂の日」

なかなか仕事が忙しくて、コンサートなんぞ行っていられない身分になってしまいましたが、

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2009」

には行ってやろうと思っています。

なんせ、今年は「J.S.バッハ」がテーマですから・・・。

でも、1つしか行けそうにありません。
コルボの「ロ短調」や「マタイ」またはBCJの「ヨハネ」で悩みましたが、結局コルボの「マタイ」のチケットを取りました。

東京国際フォーラムという会場がホール的に良いかどうか分かりませんが、安いのでお祭り気分で楽しみましょうか。
posted by とてくのん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

『キリスト教ハンドブック』に改訂版が出た(3)

まだこのネタで引っ張るのか・・・と叱られそうですが。

前回のエントリで、この本を書かれたある先生にコメントを頂きました。
(今頃は受難週とイースターで忙しそうですので、こちらからのレスポンスは落ち着いてからにしようと思っております。)

コメントによると、やはり遠藤周作先生は冒頭のコラムを寄せただけだそうです。

本当の編者は、牛込キリスト教会の佐藤陽二先生ですね。
あとお書きになられたのは、大阪キリスト教短大の石黒則年先生と、日本合同キリスト教会の花房譲次先生、大井尚先生、大井満先生、そして聖学院中学・高校のチャプレンをされてます中川寛先生ということで、すべてプロテスタント系の方でした。

ハンドブックとしてはボリューム的には申し分は無いのですが、改訂するのであれば、カトリックや聖公会、ルーテル教会や正教会などの方も執筆陣に加わって下さるとバランスが取れて良かったのかな、と思います。特に遠藤先生がらみで、カトリックからの視点が無いのは非常に残念でした。

最近、ワタシも『聖☆おにいさん』を取り上げていますけど、mixiの同コミュニティを見ていますと、仏教やキリスト教についてきちんとした知識が欲しい、という人が多いような気がします。
たとえば、イエスが着ているTシャツに書かれている
「魚×2 パン×5」や、「ヨシュア」の意味は何なのか、
また、「イエスが陶芸をやろうとすると作品がパンに変わってしまう」といったギャグは何を元ネタにしているのか、という問いにクリスチャンとして答えることは簡単ですが、その奥に隠されている意味はなかなか伝わりません(仏教サイドでブッダについてのネタもそうだと思います)。

手っ取り早くキリスト教についてバランスの取れた資料が欲しい、という需要はあるのだと思いますが、なかなか理想のものは出てきませんね・・・。
posted by とてくのん at 19:48| Comment(5) | TrackBack(0) | キリスト教

2009年04月06日

『キリスト教ハンドブック』に改訂版が出た(2)

キリスト教ハンドブック
遠藤 周作
三省堂
売り上げランキング: 129317


三省堂の『キリスト教ハンドブック』に、改訂版が出たとは既報ですが、どうも「遠藤周作アレルギー」みたいなのが福音派はもちろんのこと、プロテスタント全域に蔓延している感があり、このハンドブックも「遠藤周作 監修」というだけで毛嫌いされているのではないかと思われるが、なかなかどうして。
いや、日本のクリスチャン(カトリックもプロテスタントも正教もひっくるめて)すべてに読んでもらいたいのだ。

おそらく、遠藤周作先生は、冒頭のコラム「日本人と基督教」を寄せただけに過ぎないのではないかと思うから。
というのも、旧版でも改訂版でも見ていただくと分かるように、辞典的な項目は、ほとんどプロテスタント的な視点で書かれている
そのことは、「あがない」「万人祭司」とかの項目を読んでもらうと分かるかもしれない。
とはいえ、福音派のワタシがコレを持っているのは、
「クリスチャンじゃない人にキリスト教を説明するのにいちばん手っ取り早い本がコレ」だからである。値段も安いし。
遠藤周作の「日本人と基督教」は、「なぜ日本人のクリスチャンが少ないんだ」という永遠の問い(?)に一石を投じるものだと思うし(もし購入したなら、この部分も毛嫌いしないで読んで欲しい)、エピローグの「主の祈り講解」もなかなかよい説教である。

さて。
改訂版が旧版とどう違うのか・・・。
印象としては、

あんまり違わないんですけど・・・。

の一言に尽きる。
まぁ、第一部の「第五章 キリスト教と現代」の項目が大幅に変わったのと、50ページの「旧約聖書各書の区分と配列」において、「コヘレトの言葉」という書名を用いているのが目に付いた。
実は、『キリスト教ハンドブック』は聖書の引用は「口語訳聖書」であって、それならば「伝道の書」という書名のはずであり、事実、前のページの記述は「伝道の書」であるが、「新共同訳」の場合、「コヘレトの言葉」という書名になっている。
現在、クリスチャンで無い世間では「新共同訳」が手に入りやすく、こっちで説明したほうが良いため、本来なら全面改訂すべきじゃなかったのかと思いました。



posted by とてくのん at 18:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月29日

『キリスト教ハンドブック』に改訂版が出た

キリスト教ハンドブック
遠藤 周作
三省堂
売り上げランキング: 129317


第一印象としては、
「去年流れていたネスカフェ・ゴールドブレンドのCMじゃないんだから・・・」
である。1993年に亡くなられた遠藤周作の映像と、唐沢寿明の映像を合成したCMだった。
ゴールドブレンドのCMについて→http://www.nestle.co.jp/NR/rdonlyres/F86D1A07-1909-46FC-A79A-F058EBCA0F8E/0/080201_004_nescafe.pdf(PDF。遠藤周作の略歴もある)

続きはまた改めて。
posted by とてくのん at 10:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月25日

曙町のアパート



立川で、イエスとブッダが繰り広げる不思議な世界を描いた『聖☆おにいさん』の3巻が出た。
天界からバカンスの為、なぜか日本の東京の立川にやってきたイエスとブッダのボロアパート生活を描いているのだが・・・。

イエスやブッダといえば、日本人には「宗教の開祖」的なイメージがあるのだろうが、現代人が考える宗教のイメージは、やはり豪奢な建物で儀礼を執り行う、というのがあるのではないか。
海外のニュースを見ると、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂とか、メッカのカーバ神殿とか、日本でも東大寺や日光の東照宮のような「すごい建物」が宗教の場所として取り上げられているし、日本の新興宗教も、かなりすごい建物を所有している。ワタシの住む立川にも「真如苑」という仏教系の団体が「応現院」というものすごい建物を建てている。
しかし、『聖☆おにいさん』に登場するブッダやイエスは、応現院やカトリック立川教会のような建物には住んではいない。ましてやワタシの所属する教会でもない。

「松田ハイツ」である。アパートなのである。

ワタシはこの設定に感激した。
「WWJD」という略語がアメリカで流行したことがある。
「What Would Jesus Do?(イエスならどうしただろう)」という思いを常に抱いて行動せよ、ということだ。
もちろん、これのブッダ版もあり、「What Would Buddha Do?=WWBD」になる。
もし、現代の日本で、彼らが住むのだとしたら、ブッダやイエスなら豪奢な建物ではなくボロアパートに住むんじゃないかと思う。

第3巻で、彼らのアパートがある場所が「曙町」だということが判明したけど、この曙町、ほかでも無い「(旧)立川観音福音センター」のある町でもある・・・。
posted by とてくのん at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | キリスト教